健康な頭皮に痒みは起こらないので、

逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線などいくつか原因があります。

何が原因だとしても髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛になります。

はげないとは言い切れません。

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

痒みが数日間に及ぶなら原因を明確にしなければなりません。

対策を行う必要があります。

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。

赤いブツブツと強い痒みがあるなら日本皮膚科学会によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気の可能性もあります。

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みを覚えます。

人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。

通常疥癬より角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が感染力が強いのですが、痒くないケースもあるので、痒みで判断するよりも肌の見た目で判断するようです。

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と症状が似ているので専門医ですら判断するのが難しく、まして素人ではまず判断することはできません。

予防のためには、誰でもできることは、疑うことです。

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外にご自身ができるのは、清潔な頭皮を保つことです。

そのための心がけとして、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、シャンプー後はよく乾かすことです。

髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

これをすることで、目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

泡は十分なお湯を使ってきちんと洗い流します。

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする